Category

災害に負けない構造物作りに必要な基盤づくり

災害時の液状化現象を最小限に抑えるためには、地盤調査や地盤改良工事が必要不可欠です。的確な調査を行い、現状をデータ化することで必要となる施工内容を見極めてご提案いたします。千葉で経験豊富なスタッフが揃っており、各種調査や試験などを実施し、その後の地盤改良工事までトータルでのご依頼を受け付けています。

構造物を建設する際、地盤が弱いまま建設することは非常に危険です。その例の一つとして、東日本大震災の液状化現象が挙げられます。地震によって土の中に含まれていた水分が浮いてくることで、液状化現象が起こり、地震以外の被害も広がりました。土台がしっかりしていれば防げたかもしれない災害もあるため、地盤改良のプロとして身を引き締め、まずは地盤の調査を実施し、妥協なく隅々まで状態を見極めて、必要となる施工内容を決定します。

事前に見積りを実施しているため、施工内容について何か不安や疑問がある場合には、いつでも気軽にご質問いただける環境を提供しています。納得いただけた場合に、地盤改良工事へと移ってまいります。千葉で各種調査から工事まで一貫して承り、全長コアボーリング調査や平板載荷試験、CBR試験など、幅広い調査に対応し、そのデータを基に必要となる施工内容を決定し、作業を進めてまいります。

Instagram

インスタグラム